よくあるご質問– FAQ –

ここでには、当事務所によく寄せられるご質問への回答を掲載しています。ご参照ください。

目次

太陽光発電所の使用前自己確認

使用前自己確認が必要とされるのはどれぐらいの規模の太陽光発電所からですか?

令和5年3月の電気事業法の改正により、出力10kw以上の太陽光発電所に使用前自己確認が義務付けられました。

使用前自己確認の試験はどこに依頼すればよいですか?

電気関係試験は、当事業所にお任せください。試験から書類作成含め一式対応が可能です。ご依頼があれば全国各地へ伺います。(2023年実績6件)

使用前自己確認の試験にどれくらいの費用がかかりますか?

設置環境、条件等によるので一度ご相談頂ければと思います。

自家用電気工作物の試験(電気設備の試験)

特別高圧受電事業所の試験は可能ですか?

当事務所では、高圧受電の事業所の他、特別高圧受電の事業所の試験業務も承っております。

試験の費用を可能な限り安くしたいのですが。

主任技術者様とご相談し設備の劣化状況や使用状況に応じた試験をする事で、費用をできるだけおさえた試験をさせて頂きます。

絶縁抵抗測定は自社でするので、継電器試験だけを依頼したいのですが。

一部の試験のみのご依頼も大歓迎です!

電気主任技術者の外部委託(保安管理業務)

遠方の事業所(青森)ですが、依頼できますか?

電気事業法に基づき、当事務所より2時間で到達できる事業所に限られてしまいますが可能です(青森の事業所様の契約有り)。岩手に限らず、青森、秋田、宮城の事業所様は、ぜひ、一度ご相談下さい

どれくらいの規模の事業所まで電気主任技術者の外部委託できますか?

高圧受電の事業所様、および5,000kw以下の太陽光発電所事業所様であれば受託可能です。
詳細はサービスページの電気主任技術者の外部委託業務をご確認下さい。

その他

自社で電気主任技術者を選任したいのですがどのような書類が必要でしょうか?

選任するに当たって電気主任技術者の選任届、保安規程の届出が必要となります。当事務所では作成のサポートも行っております。ぜひ、ご相談下さい。(2023年実績2件)

目次